“何か”の存在、について。

0か1ではなく、0と1の間、もしくは2、あるいは3。

そこを探り、揺り動かし、そこから考え出すことに、可能性を感じる。

そこを考えてみることにより、今までみえていなかった“何か”がみえてくることがあるはずだ、と思っている。
 

“何か”が存在するということ自体、しばらく僕は忘れてしまっていたのかもしれない。

その存在を、ふと思い出させてくれた。

その“何か”が存在している世界は、すごく豊かで穏やかな世界だった。

僕はその中にありたいと思う。

そして、それを守り育てていきたい。

その中で、“何か”を抱き、想いつづけ、“何か”に対して、僕の中にある“何か”を少しでも捧げられれば。

僕と“何か”が解け合って、そのあいだに新しい“何か”が育っていったらなと。

僕は“何か”と、身を委ね、共有して生きていきたい。

今、その存在に心から感謝しています。

Leave a Reply